クリニックができるまで(照明)

照明一つで部屋の雰囲気って変わりますよね。

ストレスケア東京上野駅前クリニックでは、無数の間接照明(天井だけでなく、壁やカウンターやマガジンラックにも仕込みました)を中心に、ペンダントライトを組み合わせました。

このペンダントライト、船の中にあるようなアンティークな感じのものなのですが、良い感じにノスタルジックな柔らかい光を投げかけてくれるのです。

どうぞお楽しみに。

クリニックができるまで(デイケア内壁)

ストレスケア東京上野駅前クリニックでは、受付カウンターや診察室だけでなく、デイケアも内壁がアール(曲面)を描いています。

わりと複雑な区割りになっているのですが、少しでも柔らかい雰囲気になればいいなと思い、このようなデザインにしたのですが、いかがでしょうか?

どうぞお楽しみに。

クリニックができるまで(トイレ)

トイレがきれいなのって、大事ですよね?

特にストレスケア東京上野駅前クリニックのような、一日過ごせるような居心地の良さを追求したクリニックでは、診療に直接関係ないからといって、決しておろそかにするわけにはいきません。

トイレ自体は元々ありはしたのですが、まるっきり新しくしています。
特に女性用は身だしなみを整えられるように大きくスペースを取りました。

どうぞお楽しみに。

クリニックができるまで(内壁の基礎)

ストレスケア東京上野駅前クリニックの柔らかいイメージの表れでもある、カーブした内壁の工事が始まりました。

どうやって丸い壁を造るのかと思っていたら、こんなしっかりした骨組みを張り巡らせるんですね。

壁の厚みもあり、内部に防音材を充填するなど防音もしっかりしていて、安心して大事な話ができそうです。

どうぞお楽しみに。

クリニックができるまで(天井工事)

クリニックの工事が始まりました。

のぞいてみたら室内が暗くなっていたので驚きました。
どうやら天井工事をおこなっているようです。
空調を変え、殺風景な蛍光灯を柔らかな雰囲気のダウンライトと間接照明にします。オフィスのような風景から、カフェのような雰囲気になりますね。

どうぞお楽しみに。

クリニックができるまで(工事開始)

クリニックの工事がいよいよ始まります。

床には設計図に描かれた受付や診察室の印が付けられています。
作りにくそうな曲面だらけですが、そのおかげで柔らかな印象のクリニックができると期待しています。
これがこれから三次元の空間としてできあがっていく様子を想像するとワクワクしませんか?

どうぞお楽しみに。

デイケア資材準備中

現在、作業療法学科の学生さんたちの協力のもと、今後、デイケアで作る資材の原型を考えています。

学生さんが数十人も集まってブレインストーミングをすると、いろいろなアイデアが出てきておもしろいですね。

ここでも紹介していきたいと思いますので、お楽しみに。