認知行動療法・ACT:オンライン教室

自宅からオンライン参加】 認知行動療法・アクセプタンス&コミットメントセラピー

認知行動療法(CBT)や、アクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT)のプログラムに、自宅にいながらオンラインで参加することができます(それぞれ各8回)。
少人数(5名前後)でおこなうグループセラピーです。

☕ 認知行動療法(CBT) 2時間 ✕ 全8回

認知行動療法(CBT)では、ストレス場面に対して、いろいろな考え方ができるようになることで、上手に適応していくスキルを身につけることができます。

ある状況に対する認知(捉え方)と感情(気持ち)、そしてそれによってどんな行動をとったかを検討していきます。
ストレスをうまくコントロールする認知行動療法スキルは、誰にとっても役に立つ、学んで身につけられるスキルです。

認知行動療法(CBT)は1回2時間、全8回のシリーズです。

    • 第1回:認知行動療法とは
    • 第2回:考え方について考えよう
    • 第3回:認知の”クセ”を知ろう
    • 第4回:考え方を増やすコツ
    • 第5回:行動を分析しよう
    • 第6回:ストレス・コーピング
    • 第7回:行動を増やそう
    • 第8回:問題解決する行動

毎回おこなうことは違いますが、どの回からでも参加できます(第1回から参加しないとわからないということはありません)。

☕ アクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT) 2時間 ✕ 全8回

第3世代認知行動療法と呼ばれる、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)では、心のしなやかさを取り戻すスキルを身につけることができます。

どうしようもない考えや気持ちをありのままを受け入れるアクセプタンス、自分の価値に沿った生き方を実践するコミットメントを、オリジナル動画教材などを用いて、エクササイズをおこないながら身につけていきます。

従来の認知行動療法(CBT)で問題を解決できないと感じた方だけでなく、認知行動療法を知らない方にも有用です。

アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)は1回2時間、全8回のシリーズです。

    • 第1回:嫌な考え・気持ちを消そうとしても、どうしようもなかったことがありませんか?
    • 第2回:思考を切り離し、それにとらわれない状態にする
    • 第3回:心を開いて、感情をあるがままにする余裕をつくる
    • 第4回:「今、ここ」で起こっていることに集中する
    • 第5回:全てを見渡せる「観察する自分」がいることを意識する
    • 第6回:自分が人生において何を大切にしているかを知る
    • 第7回:自分の願う方向へ、一歩踏み出す
    • 第8回:しなやかな心

毎回おこなうことは違いますが、どの回からでも参加できます(第1回から参加しないとわからないということはありません)。

思春期のためのアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)

☕ 日時

毎週水曜日 15:30~17:30

毎週交互に、認知行動療法(CBT)とアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)を実施しています。

CBTあるいはACTに隔週で参加することも、両方に毎週参加することもできます。

CBT・ACTのどちらも、毎回おこなうことは違いますが、どの回からでも参加できます(第1回から参加しないとわからないということはありません)。

具体的な日につきましては、下記の開催日程でご確認ください。

☕ よくある質問(FAQ)

Q. 個人での認知行動療法を考えていたのですが、集団でやることの意味は何でしょうか?

A. 認知行動療法(CBT)には、個人でおこなうものと集団でおこなうものがありますが、集団CBTには個人CBT以上の効果があることが実証されています。

英国国立医療技術評価機構(National Institute for Health and Clinical Excellence: NICE)による治療ガイドラインでは、うつ病性障害における有効性の認められた治療法の一つとして、集団認知行動療法(CBT)の使用が推奨されています。

うつ病性障害における集団CBTの効果を検討した13研究(625症例)のシステマティックレビューでは、集団CBTを受けた者は受けていない者と比べて、重症度が改善されることを示しています。
Tian Po Oei & Genevieve A. Dingle: “The effectiveness of group cognitive therapy for unipolar depressive disorders”. Journal of Affective Disorders 107(1-3):5-21

また、マンチェスター大学の研究では、集団CBTの効果は介入直後で個人CBTと同等の効果があることに加え、その効果が持続し、介入終了後から1年後に関しては、個人CBTよりも効果が高いことが示されています。
Michael J. Scott & Stephen Stradling: “Group Cognitive Therapy for Depression Produces Clinically Significant Reliable Change in Community-based Settings”. Behavioural and Cognitive Psychotherapy 18(01):1-19

Q. 集団でおこなうグループセラピーというのは、何人くらいでおこなうのでしょうか?

A. 5人前後の小グループでおこないます。
講義形式ではなく、ディスカッションを通して理解を確かめながら進めていきますので、少人数制をとなっています。

Q. プライベートな話を知らない人に話すのはちょっと・・・。

A. プライベートな話をする必要はありません。
プライバシーが守られる形でグループセラピーはおこなわれます。

Q. ディスカッションしたりするのは苦手なのですが・・・。

A. 発言は強制ではなく聞いているだけでも全く問題ありません。
自分が話さなくとも、他の参加者のとらえかた(認知)を聞いているだけで、自分との違いにハッと気づかされます。

☕ ご予約・問い合わせはこちら

随時募集しており、どの回からの参加でも大丈夫です。
ストレスケア東京上野駅前クリニックまで、来院または電話(03-3842-7730)にて、お申し込みください。

また、こくちーずプロからネット予約も可能です。

ご質問等はお気軽にお問い合わせください。参加方法がわからない場合は詳しく説明させていただきます。

電話:03-3842-7730