デイケアで国立新美術館へ行きました

デイケアのプログラムで、六本木の国立新美術館へ出かけました。

『至上の印象派展――ビュールレ・コレクション』を見て参りました。

モネの『睡蓮の池、緑の反映』、ルノアールの『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)』、セザンヌの『赤いチョッキの少年』など、印象派を代表する絵が圧巻でした。

 

でも、それ以上に驚いたのは、当クリニックに関わりのある方の絵が国立新美術館に飾られていたことです。皆さんの才能の素晴らしさには舌を巻くばかりです。